東京マルイ 「ハイサイクル M4 CRW」を分解&カスタムしてみた

GUNショップFIRSTのカスタムガンを作っている製作部のあれやこれやを紹介する所です(みなさまの期待に添えなくても怒らないで下さい)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東京マルイ 「ハイサイクル M4 CRW」を分解&カスタムしてみた

どうも、悪魔小僧。です。


先日、「ガスフルオート G18C」に続いて、東京マルイのこの夏の新製品第2弾・・・。

「ハイサイクル M4 CRW」

が入荷しました~~!!



じゃあ、

分解してみましょう~~~♪

CRW 箱だし

はい、こんにちは。


では、外観です。どうぞ~~♪

CRW 外観

全体的にコンパクトにまとめられたボディーに固定ストックレイルシステム

小さい「SR-16」みたいですね~~!




ようし!!バラすか!!!

CRW テイクダウン


スタンダードM4系と同じなので、テイクダウンが可能です。


CRW ロアフレーム



アッパーフレーム
ロアフレームを分離さすと、おや?

見覚えのある、黒いメカボックスが・・・。

CRW モーター

はい、出ました。東京マルイ「ハイサイクル電動ガンの要」「EG30000モーター」です。




その後、グリップ内のネジを外してグリップをとり、フレームロックピンを外して、マガジンキャッチの六角ネジを外してマガジンキャッチも分離。(写真撮るのわすれたス・・・・・・。失敬!!)

そんで、出てきた「メカボックス」のプラスネジと、ヘックスローブのネジを外して・・・・。



CRW メカボックス2

じゃじゃん!!



では、細かいパーツを見てみましょう!!


CRW ピストン周り
上から

ハイサイクル用に調整された、「ピストン」です。金属歯が長く、後ろから2番目の歯がカットされてます。

メインスプリングです。引くときは軽く、押す時は強い「不等ピッチ」が採用されています。

スプリングガイドは従来型と同じタイプです。




CRW ギア3点
上から

「セクターギア」
はピストンにかかる歯を三枚減らしの13枚。、裏側は歯数が従来が32枚に対して28枚になっちょります。

「スパーギア」は、セクターに当たるほうの歯数が従来が20枚に対して24枚、ベベル側は従来と変わらず。

「ベベルギア」は、逆転防止ラッチが全歯にかかるような仕様。これもモーターの「戻り」をなくして、セミオートのキレを良くしてレスポンスをUPさせていますね。

CRW 軸受

軸受は高回転のモーターに対して激しく回るギアに負けないように、「焼結メタル軸受」になっております。

CRW シリンダー周り
「シリンダー」は潤滑メッキ仕様になってます。

「ノズル」
「シリンダーヘッド」は従来型と同じです。

CRW タペットプレート

おや?「タペットプレート」が新調されていますね、ちなみに奥が従来型、手前がハイサイクルM4型、裏に「A2」って書いてましたが、これは果たしてどうでしょう・・・・・・。


「逆転防止ラッチ」は・・・・・写真がない・・・・・・。

え~~~「ギア周り」「軸受」「逆転防止ラッチ」は「ハイサイクルMP5、G3」と基本的に同じですので、
以前のブログ、「検証! 東京マルイ G3SAS MP5A5 ハイサイクル ノーマル編」」
を参照してくだされ・・・・・・。


CRW チャンバー周り

「チャンバー」は従来型のM4系と同じでしたね~。

「インナーバレル」260mmとなっています。「次世代AKS74U」と同じサイズです。


さて、気になるコイツのスペックは?




ノーマルガン、「安定化電源8.4V」、ノーマル多弾装300連マガジンで撃った場合

初速=83~85M/S

サイクル=秒間22.6発




とまぁこんな感じです。ちなみにしっかりと充電された、「8.4Vニッケル水素ミニSバッテリー」では、
ちゃんと秒間25発を超えてきてます。

ちなみにサイクルが早すぎるためか、若干の弾抜けの症状もみられました。



んで



FIRSTでは「ハイサイクル電動ガン」様の内部カスタムチューン「J-NESIS HC」というのがあります。

こいつにしたらどうなるものかな・・・?




ってことで・・・


やってみよう!!!




CRW POMピストン

「ピストンヘッドPOM 次世代ver2用」
を調整して使いますよ~~!!

この他にも、「メインスプリングの変更」「グリスアップの見直し」「給排気系のチューニング」等の調整を行い、初速を稼ぎつつ、燃費も向上させてます。はい・・・。オススメです・・・・・・はい・・・。



んで、組み上げて




LET'S 試射!!





CRW ケミマグ

試射の際はFIRSTの「ケミカルパワーマガジン M16 300連」という耐久性と弾上がりをUPさせた「高性能マガジン」を使用します。


では


3

2

1







ファイヤー。















結果です。


「J-NESIS HC」、「安定化電源8.4V」、「ケミカルパワーマガジン M16 300連」で撃った場合

初速=93~95M/S

サイクル=秒間22.5発(充電後の「8.4Vニッケル水素ミニSバッテリー」ではもちろん秒間25発オーバー。)

さらに給弾スッキリ!





という結果になりました。




初速が10以上、あがるのはいいですね~~!!「給排気系の調整」によって弾抜けもバッチリ解消されてますね~~♪



やはり「J-NESIS HC」オススメです。





さらに「ストライクチャンバー」とか組んで命中精度上げたりしたらきっと完璧でしょうね~~!!



以上が『東京マルイ 「ハイサイクル M4 CRW」を分解&カスタムしてみた』の結果になります。






梅雨が明けたらコイツで大量HITしまくりましょう~~~~!!!



END
[ 2010/07/16 21:45 ] Custom Gun | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。