入荷したてM9A1を早速バラしてみた

GUNショップFIRSTのカスタムガンを作っている製作部のあれやこれやを紹介する所です(みなさまの期待に添えなくても怒らないで下さい)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

入荷したてM9A1を早速バラしてみた

皆さんこんばんわ。
本日はこちら!
IMG_0442a.jpg

入荷したての『マルイ ガスブローバック M9A1』を早速バラしてみたので、ご紹介したいと思います。

IMG_0597.jpg

ではでは早速分解して行きましょう。

IMG_0593.jpg

まずはアウター・インナーバレルとチャンバー、リコイルスプリングです。
これをさらにバラすとこんな感じ。↓
IMG_0594.jpg

インナーバレルの長さは114.35mmで特殊な形状になっております。
バレルの上に写っているグレーの筒はおもりです。
前の写真を見てもらうとわかる様に、インナーバレルに被せてあります。
このおもりがあってもなくても反動とかに変化があるわけではないのでただの重量合わせかな…?

チャンバーパッキンは他のガスブローバックと同様のチャンバーパッキン(VSR共用)になってます。

IMG_0596.jpg

シリンダーとピストンヘッドです。
ピストンヘッドは従来の92の物が使用できます。
写真には写っていませんが、シリンダーバルブの形状が若干変更されていました。

実際に撃ってみると、ブローバックはシャープですが反動は思っていた程強く無く、非常に撃ちやすい印象を受けました。
店頭にお越しの際には、是非一度手に取って試射してみてください!
[ 2012/08/24 20:12 ] 内部系 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。